スポーツ王

サッカー、野球、乗馬等スポーツニュース スポーツ面白ネタ最新情報随時更新。また誰も知らない驚きネタのコメント大歓迎!
管理者ページ 
松井秀喜、中村俊輔、中田英寿、亀田興毅などの気になる有名人の最新スポーツネタを随時更新。また誰も知らないネタ、驚き情報があれば大歓迎!コメントお願いします。相互リンクも募集してます。

最近の記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タレントの猫ひろしさん(34)のように海外の国籍を取得してオリンピックに出場している例もありますが、特別な才能を持っていなくても憧れのオリンピックに出る方法があります。
競技人口が少ない競技で出場を狙ってみる方法です。
乗馬の馬術の競技人口は日本国内で5500人くらいですので他の競技よりは可能性は高いと言えます。
しかし、乗馬は馬の管理費がかなり高くかかりますので、金銭面で余裕がある方に限られるでしょう。
スポンサーサイト
日本選手として史上最年長でロンドン五輪に出場する乗馬の法華津(ほけつ)寛(71)(アバロン・ヒルサイドファーム)が12日、都内で記者会見した。乗馬の競技で1964年の東京五輪に出場した法華津寛は1916年リオデジャネイロ五輪へ乗馬競技で挑戦をすることを明言。さらに、2回目の東京五輪出場も前向きに目指すことを発表した。
(オープン戦、西武4-3巨人、16日、グッドウィルドーム)巨人・小笠原(33)が16日、西武とのオープン戦(グッドウィル)で3打数3安打の猛打賞をとった。移籍後初の猛打賞で、オープン戦の打率を.440まで上げ、首位(.452)のヤクルト・青木宣親外野手(25)に肉薄した。71年の江藤慎一(ロッテ)以来36年ぶりのセ・パ両リーグでの首位打者へ、夢は膨らむ。(参考:サンスポ)
のブラジル代表ロナウジーニョが、所属するスペイン1部リーグのバルセロナを退団後にイタリア1部リーグ(セリエA)ACミランに移籍する可能性があると14日、イタリアのスポーツ紙が報じた。
 ガゼッタ・デロ・スポルト紙によると、同選手の兄で代理人を務めるアシス氏がミランの幹部と13日に会い、互いに好感触を得たという。バルセロナとの契約は2010年に切れるが、ミランのガリアーニ副会長は「ロナウジーニョがバルセロナを去るときには獲得に乗り出すが、残る3年間の契約を邪魔するつもりはない」と話した。(参考:スポーツナビ)
サッカーの北京五輪アジア2次予選B組のU-22サッカー日本代表は14日、クアラルンプール近郊の競技場でU-22マレーシア代表と対戦。日本は前半14分にCKからGKがこぼした球を平山が蹴り込み先制。後半、梶山に代え上田、平山に代え李を投入し、後半31分には李がゴールを決め2―0。マレーシアは後半38分に1点を返した。(:スポニチ参考)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。