スポーツ王

サッカー、野球、乗馬等スポーツニュース スポーツ面白ネタ最新情報随時更新。また誰も知らない驚きネタのコメント大歓迎!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカーの北京五輪アジア2次予選B組のU-22サッカー日本代表は14日、クアラルンプール近郊の競技場でU-22マレーシア代表と対戦。日本は前半14分にCKからGKがこぼした球を平山が蹴り込み先制。後半、梶山に代え上田、平山に代え李を投入し、後半31分には李がゴールを決め2―0。マレーシアは後半38分に1点を返した。(:スポニチ参考)
スポンサーサイト
日本サッカー協会は14日、15日に始まる今年最初の日本代表候補合宿のメンバーを発表した。U-22サッカー日本代表に飛び級選出されたばかりのGK林彰洋(19)=流経大2年=が“2階級特進”で招集された。アマでの代表入りは98年のDF市川大祐(当時清水ユース)以来。1メートル92の大型GKに、英才教育が施される。
(サンスポ参考)
今日もサッカー日本代表の試合にはハラハラではなく、いらいらさせられた。

いつもの通りデフェンダーから中盤にかけてはパス回しが通り、それらしい”形”は作ったが、しかし今日もフィニッシュが決まらなかった。

いつもの通りと言ってはなんだが、高原のフィニッシュは惜しいだけ。これではドイツで使ってもらえないのもうなづける。

今日は日本で開催のホームゲームだけに、東欧遠征で溜まりにたまったストレスを解消できるもとばかり期待してたのに・・・

誰が見てもわかるのだが、FW陣は問題だ。海外のリーグに行っても試合にでれない選手は期待しない方がいい。

浦和レッズにいたエメルソンに大金払ってもう一度日本に戻って来てもらって、帰化させるべきなんじゃないか(それは無理)。

次はミッドフィルダー。2列から果敢に突っ込ん行く今日の松井みたいな若い選手をもっと試すべきだ。

最後にサッカー日本代表監督はジェフのオシム監督に是非やってもらいたい。そうすれば来年のドイツワールドカップはベストエイトだ!。


スポーツTOPへ



★☆★人気ブログランキングに参加中★☆★

人気blogランキングへ←クリックお願いします。(;-_-;)


サッカー日本代表戦 キリンチャレンジカップ2005「日本×アンゴラ」 国立競技場 TBS 6:55~9:15 解説・金田喜稔 水沼貴史 高木琢也実況

今週の水曜日はサッカー日本代表戦。

先の欧州遠征のラトビア、ウクライナ戦では選手・監督・サポーターともにストレスのたまる試合だったので是非スカッと勝利してほしいものだ。

注目する選手は最近クラブチームで活躍が多い稲本潤一、松井大輔、阿部勇樹、中田英寿中村俊輔。特にレギュラーに復活し最近試合数が多くなった稲本潤一に中田英寿。またアフリカ人の多いフランスリーグで活躍する松井大輔にも注目。

アンゴラというチームはアフリカのサッカーの振興チームで、FIFAランクこそ60位だがアフリカ最終予選ではナイジェリア、ジンバブエを抑え本大会を決めた実力のあるチーム。
日本代表とは2001年世界ユース選手権(U-20)ではのみ対戦があり日本が1-2で敗れている。

スポーツTOPへ


★☆★人気ブログランキングに参加中★☆★

人気blogランキングへ←クリックお願いします。(;-_-;)


激しい雨の降る中、サッカー日本代表対ウクライナ戦は行われた。

日本代表はウクライナの猛攻に前半からピンチの連続。

それでも主力の抜けたDF陣は踏ん張り、前半を0対0で相手の攻撃をくぐりぬけた。

後半に相手に攻められながらも、それでもしのいでいた日本に決定的なピンチが訪れる。

ラトビア戦に痛恨のミスをおかした中田浩がスライディングで一発退場。

だが苦しくなった日本はここで逆に開きなおり、テンポのいい攻撃で反撃を作った。

だが最後はあのラトビア人審判の明らかな誤審によりPKを取られてしまい、決勝点を奪われて1対0で敗戦を喫した。

試合直後ジーコ監督は激怒に、ラトビア人審判の「恥をしれと」怒りをぶちまけた。

最新記事

人気blogランキングへ←クリックして下さい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。