スポーツ王

サッカー、野球、乗馬等スポーツニュース スポーツ面白ネタ最新情報随時更新。また誰も知らない驚きネタのコメント大歓迎!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京国際女子マラソンが東京・国立競技場発着で行われ、2年ぶりのフルマラソンとなった高橋尚子が2時間24分39秒で優勝した。優勝タイムは大会歴代3位。

復活を期してあえて選んだマ東京国際女子マラソンだった。2年前の同レースでオリンピックの代表選考に挑んだ。そのレースでは前半から飛ばし早々とトップにたったが、ゴール前の坂の途中で失速し優勝を逃した。マラソンの連勝記録もその時ついえてしまった。
試合後高橋尚子はオンリンピックの代表選考からもれた。そしてケガとも戦う長い低迷の期間が始まった。

今回のレースの前、またケガが発覚し周囲はまただめなのかという空気が流れたが、高橋尚子は2年前の因縁を断ち切るためにケガをおしてあえてレースに挑戦した。そして見事に優勝しマラソン復活を果たした。

「2年前に負けてしまったあの坂に今回は負けたくない」という気持ちがありましたので、坂の前にスパートしたという部分もあります。自分の思い出との闘いだったとも言えます。(参考:スポーツ記事)

「今日はあくまでも勝負にこだわったので、タイムは気になりません。とにかく『高橋尚子は復活したんだ』ということを全国の皆さんにお知らせし、夢をあきらめないでやれば必ず報われるということをメッセージしたかったんです」(参考:Yahoo!スポーツ)

ゴールのテープを切った国立競技場では観客からはひときわ大きな拍手を浴び、「チームQ」のメンバーと抱き合って喜びを分け合った。


スポーツTOPへ
     


★☆★人気ブログランキングに参加中★☆★

人気blogランキングへ←クリックお願いします。(;-_-;)





高橋尚子

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。