スポーツ王

サッカー、野球、乗馬等スポーツニュース スポーツ面白ネタ最新情報随時更新。また誰も知らない驚きネタのコメント大歓迎!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米大リーグ、マリナーズは6日、当地でアスレチックスと対戦。城島捕手は「7番・捕手」で先発、5打数で3安打を放った。内容は右前打、中前打、中前打、中飛、遊ゴロで打率は2割9分6厘。


イチローは「1番・右翼」で先発、5打数1安打。内容は右越え二塁打、三ゴロ、遊ゴロ、二ゴロ、空振り三振で打率は3割3分3厘。チームは6-7で敗れ3連敗。このカード12連敗。
(サンスポ参考)



ichi0807.jpg

スポンサーサイト
マリナーズがイチロー外野手、城島捕手の日本人コンビがそろって2安打の活躍を見せ、アスレチックスに6-2と快勝した。ともに開幕から連続試合安打を「4」に伸ばした。

 「1番・右翼」のイチローは第1打席で中前打を放ち、2打席凡退後の第4打席ではバットを折りながら俊足を飛ばして二塁内野安打。5打席目は投手を襲うライナーを好捕され併殺となったが、この日は今季初盗塁を決めた。

 一方、「7番・捕手」の城島は3打席目にレフト前へタイムリー打を放つなど打撃好調で4打数2安打1打点だった。(参考:日刊スポーツ)

スポーツTOPへ

イチロー060407

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。