スポーツ王

サッカー、野球、乗馬等スポーツニュース スポーツ面白ネタ最新情報随時更新。また誰も知らない驚きネタのコメント大歓迎!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー・日中韓3カ国対抗(秦皇島五輪競技場)下馬評覆す白星発進! 08年北京五輪出場を目指すサッカーU-21日本代表が、初陣となったアウエーの中国戦に2-0快勝した。ドイツW杯での惨敗を受け、日本代表のオシム監督を全世代の相談役に置いた日本再生元年の初戦。反町康治監督がさっそく、その哲学をピッチで具現化した。

★西川、好セーブ連発
GK西川(大分)が好セーブを連発。序盤から相手攻撃陣のシュートをことごとく防ぎ、前半34分には至近距離約1メートルのシュートを左肩で止めた。DF伊野波も「あそこは失点を覚悟した。周作(西川)がいなかったらどうなっていたか分からない」と冷や汗。西川は「耐えればいつかチャンスが来ると思っていました」とA代表候補にもあがる名手は白い歯をみせた。

(サンスポ:参考)


u210808.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。