スポーツ王

サッカー、野球、乗馬等スポーツニュース スポーツ面白ネタ最新情報随時更新。また誰も知らない驚きネタのコメント大歓迎!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アラダイス監督は日本の野村監督のように「再生工場」とよばれており、実力をもちながらもチームと合わなくて力発揮できなきない選手などを次々と”再生”させてきた。名を上げれば、リバプールでは活躍できなかったセネガル代表FWのディウフ、ナイジェリア代表MFのオコチャ、レアル・マドリーでくすぶっていたスペイン代表DFのカンポ(31)、元フランス代表DFヌゴッティ(34)、メキシコ代表FWのボルゲッティ(32)らがいる。

ボルトン・ワンダラーズは古豪ではあるが、資金力はあまりない弱小チームでプレミアリーグと下部リーグをいったり来たりしていた。それがアラダイスが99年に監督に就任しチームを建て直し、プレミアリーグに定着させた。あまり活躍しなかったがかってはセレッソ大阪の西澤明訓も在籍したことがある。

そのアラダイス監督、ひところはイングランドの次期監督にずいぶんと名が挙がっていた。外人監督であるエリクソン監督が、負けるたびに新聞をにぎわせていたが、本人もかなりその気になっていたようだ。

中田英寿は今のところアラダイス監督の下で一応、成功を収めている。中田英寿本人もアラダイス監督を高く評価しており相思相愛といったところ。中田は周知の通り、監督との相性でプレーの好不調がはっきりとしている選手なのでこれからの中田英寿には期待が持てる。


★☆★人気ブログランキングに参加中★☆★

人気blogランキングへ←クリックお願いします。(;-_-;)





アラダイス監督と中田英寿

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。