FC2ブログ

スポーツ王

サッカー、野球、乗馬等スポーツニュース スポーツ面白ネタ最新情報随時更新。また誰も知らない驚きネタのコメント大歓迎!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤンキース松井秀喜が、敵地エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムでのエンゼルス戦に「6番・レフト」で先発出場。土壇場9回の第4打席に今季第3号となるソロ本塁打を放ったが、チームは2-3で敗れ、泥沼の4連敗を喫した。

 松井秀喜は2回の第1打席はライトフライ、4回の第2打席はレフトフライに倒れた。その後松井秀喜は2死満塁で迎えた6回の第3打席も、内角のストレートに詰まりショートフライ。しかし、9回の第4打席は、エンゼルスの守護神F・ロドリゲスのストレートをとらえ、ライトスタンドへ痛烈なライナーで飛び込むソロ本塁打を放った。結局この日は4打数1安打1打点で、打率は4割。

 試合は、エンゼルスが同点で迎えた5回に、ケネディーの2点タイムリーが飛び出し、勝ち越しに成功。投げては、4人の投手リレーで、強力打線を2点に抑えた。一方、ヤンキースはジョンソンが8回を投げて3失点と力投したものの、この日も打線が沈黙。チャンスにあと1本が出ず、ソロ本塁打2本で2点を奪うのが精いっぱいだった。

スポーツTOPへ



matsui060410

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://marumaru2.blog27.fc2.com/tb.php/97-7efe8690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。